勃起力をアップに役立つ!トレーニング方法を紹介します

男性の画像

 
勃起力を上げるには、下半身の筋トレが有効だと言われています。

筋肉を鍛えると、勃起に必要な血流の改善に役立つのです。またペニスの根元にある筋肉を強化すると、しっかりと支える力がつくという報告もあります。

体質改善の視点から勃起力をアップさせたい男性に、重要な筋肉とオススメの筋トレ方法を紹介します。

▶PC筋を鍛えるのが重要!
EDを改善するためには、下半身を鍛える必要があります。なぜならペニスが肥大した時に、支える筋肉がしっかりついていないといけないからです。

特にペニスの根元にあるPC筋を鍛えると、勃起力や持続力の向上に期待できると言われています。

「PC筋がどこなのか具体的に知りたい!」と思ったら、お尻の穴をグッと縮めてみてください。そのとき、ペニスがピクっと反応するはずです。反応したところに、PC筋があります。

▶オススメの筋トレはコレ!
勃起力をアップさせるPC筋を鍛えるには、肛門を収縮させるトレーニングが有効です。

以下の手順に沿って、実践してみてください。
①身体を伸ばして寝そべる(直立でも可)
②肛門を限界まで収縮させ、そのまま5秒間キープする
③肛門を緩めて5秒間休む
④2~3を10回繰り返す
⑤1分間のインターバルを設ける
これを2~3セット行うと、効果的です。

トレーニング時のポイントは、出来る限りギュッと肛門を収縮させること。縮めて緩める動作を繰り返すと、次第にPC筋が強化されていきます。

また下半身を鍛えるのに、ワイドスクワットをするのもアリです。やり方は簡単で、肩幅の2倍の大きさに足を開いてスクワットをするだけ。ワイドスクワットをすれば、PC筋周辺の筋力も向上します。

肛門のトレーニングとワイドスクワットを並行して続ければ、相乗効果でより勃起力アップを目指せるのです。

スーパーカマグラが効かない…飲み方が間違っているのかも!

薬の画像


スーパーカマグラを飲んだのに勃起できなかった…すぐに射精した…

効果を実感できていないなら、服用方法について確認する必要があります。なぜなら飲み方を間違うと、薬の作用を妨げてしまう場合があるからです。

せっかく飲んでいるのだから、しっかり効いて欲しいと思いませんか。ここでは、スーパーカマグラの飲み方について解説していきます。

▶服用のタイミングが肝心!
スーパーカマグラは、いつ飲んでも良いというわけではありません。しっかりと効果を実感するには、飲むタイミングが重要です。

スーパーカマグラは、セックスの1~3時間前に服用するのが正解。服用してから、体内に吸収されるまでには時間がかかります。セックスの直前に飲んでしまうと、効果を得られず勃起できない場合があるんです。

スーパーカマグラは、空腹時に飲むのが基本です。胃の中に食べ物が入っていると、薬が食べ物と一緒に消化されてしまいます。

また油分の多い食べ物は良くありません。脂っこい食事の後に飲むと、胃の中に油膜が張られて薬の成分が体内に吸収されにくくなるのです。

成分の吸収が悪いと薬の働きが弱まり、勃起へとサポートしにくくなります。

▶併用できないお薬がある

スーパーカマグラを飲む時、注意しなければいけない人がいます。それは、すでに何らかの薬を飲んでいる患者です。

スーパーカマグラには併用禁忌薬があるので、服用前に確認しておきましょう。

<併用禁忌薬>
・抗真菌薬(ケトコナゾール)
・強めの鎮痛剤(塩酸トラマドル)
・HIV治療薬(プロテアーゼ抑制剤)
・抗生物質(リネゾリド)

併用禁忌にも関わらず服用すると、健康被害をもたらす恐れがあります。自身の飲んでいる薬が併用可能か気になる場合は、かかりつけ医に相談してください。

自覚するのが大切!早漏の症状と原因とは

水の画像

挿入するとすぐにイッちゃう…射精に至るまでの時間が短い…と、悩んでいませんか。

そのような場合は、早漏かもしれません。早漏は、本人の意に反して過度に速く射精してしまうことを指します。

速いとはいっても、どのくらいのスピード感なのか分かりませんよね。ここでは、早漏の症状や原因を詳しく解説していきます。

▶どんな症状?早漏とは
実をいうと、「勃起後何分で射精したら早漏」といった明確な定義はありません。しかし「速く射精してしまうからセックスに満足できていない」と悩んでいるなら、改善に向けて取りんでいくのが大切です。

また挿入前にイッってしまう、挿入後1~2分も我慢できない、という場合は、射精が極端に速いと言えます。

早漏で悩む男性の中には、自覚症状がないケースもあります。しかし日本人の500万人に及ぶ男性が早漏である、との報告も上がっているのです。つまり早漏は、珍しい症状ではありません。「イクのが速いな」「もっと長く挿入できたらいいな」と不満があるなら、早漏を疑いましょう。

▶早漏になる理由を解明!
早漏になる原因は、心因性と過敏性と衰弱性の3つがあります。それぞれについて、まとめてみました。

<心因性>
交感神経が活発になると、射精しやすくなります。一度いつもより速くイッってしまうと、「次回もも同じようになるのでは」という不安感が残ってしまうのです。その不安感が交感神経を刺激し、性行為時にイクのが速くなります。

<過敏性>
ペニスや性器周りの神経が過敏だと、少しの刺激で射精してしまいます。10~20代に多く見られ、健康的な人でもなりやすいと言われているのが特徴です。また勃起力や性欲が強いと、過敏性早漏になる可能性が高くなります。

<衰弱性>
衰弱性は、加齢による男性ホルモンの減退が原因です。歳をとると筋力が低下するので、射精を我慢できなくなってしまいます。40歳以降の男性は、衰弱性早漏を招きやすいと分かっています。

性欲はあるのに勃たない…EDの原因とメカニズム

男性の画像

ムラムラしてるのになぜ勃起できないんだろう…と、思ったことはありませんか。

EDになると、性的興奮があるにも関わらず勃起できなくなってしまいます。また勃起できても、しっかりとした硬さがないと悩んでいる人もいるようです。

パートナーと性行為をする際に硬さのある勃起ができないと、惨めな気持ちになる男性も少なくないはずです。

ここでは、勃起不全を引き起こす要因とメカニズムについて紹介していきます。

▶EDのメカニズムを理解しよう
勃起できているときは、身体の中で何が起こっているのでしょうか。

ペニスが大きく硬くなるメカニズムを確認してみましょう。
<勃起する仕組み>
①ムラムラする
②脳から陰茎へ「勃起しろ」と命令が下りる
③平滑筋が緩んで海綿体へ流れ込む血流の量が増える
④勃起する

正常に勃起できない原因としては、PDE5という酵素が関係しています。PDE5が働くと、勃起に必要な血がペニスに送られなくなるのです。

勃起を改善したい!と思うなら、PDE5を阻害するED治療薬が有効です。満足のいくセックスを実現するために、ぜひ一度試してみてください。

▶大きな要因は2つ!
男性器が正常に働けば、性的興奮に伴って勃起します。では、どうして不具合が生じてしまうのでしょうか。EDになる要因は、器質性と心因性の2つが挙げられます。

<器質性ED>
血管や神経に障害があると、EDになるケースがあります。具体的にいうと、加齢や生活習慣病による動脈硬化が原因です。これらは血液の循環を悪くするので、ペニスに血が送られにくくなり勃起不全を引き起こしてしまいます。

また脳出血やアルツハイマー病などは、自律神経を障害しEDを招きやすいのです。

<心因性ED>
精神的なストレスや緊張も、EDを招く要因の1つ。心因性EDになると、脳で感じた性的興奮が上手くペニスに伝わらなくなってしまうのです。仕事や日常生活での疲れやストレスが溜まっていると、勃起不全を引き起こす可能性が高くなります。