ジェネリック医薬品とは

ruefully

アグラゴールドはバイアグラのジェネリック医薬品ですが、そもそもジェネリック医薬品とは何なのか意外に知らない方もいるのではないでしょうか。
病院で診察を受けてから薬を処方される時、「ジェネリック医薬品を希望されますか?」と聞かれることがありますね。
その際一瞬迷ってしまうと思いますが、価格が大幅に安くなるということを説明されてジェネリック医薬品に決めることもあるでしょう。
アグラゴールドのように、有効成分も同じで効果も同じなのに価格が安いのは何故なのか、ご紹介していきます。
病院などの医療機関で処方される薬には、先に開発されて販売された「先発医薬品」と、後から発売される「後発医薬品」があります。
今までになかった薬を作り出して、安全性が認められた上で販売が開始されると、病院に来院した患者の症状に合わせて処方されることになりますよね。
しかし、医薬品には開発したメーカーが独占できる特許期間があって、20年~25年ほどで期間が終了してしまうんです。
そこからはそのメーカーだけでなく国全体のもの、という認識に変わりますので、様々な製薬会社が厚生労働省の承認を得られれば有効成分や効果が同じの後発医薬品、つまりジェネリック医薬品を作り出すことができます。
アグラゴールドのようなジェネリック医薬品は、莫大な開発費や開発にかかる期間をかけずに製造、販売を行うことができるので、私たちにも安い価格で提供されるというわけです。
お財布に優しいだけでなく、国全体の医療費の削減にも繋がるので、アグラゴールドのようなジェネリック医薬品を積極的に使っていきたいですね。